過去の活動内容

こぶしの会

会員の皆さま、毎年お手伝いして下さいまして
まことにありがとうございます。
今年もまた色々とお願いすることがあると思いますので
なにとぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで今年もよいおせちに仕上がりました。
会員の皆さまが心を込めて作ったおせちですので、
よく味わっていただきたいと思います。




 
新しいこぶしの家「本羽田ふれあいサロン・こぶしの家」として、
スタートしました。マンションの三階ですので、少し理用度心配ですが、
スタートの10/1は以前のお客様が連れ立って、来て下さり食後
歌の会になりました。

広くてきれいなサロンになりました。皆さまお一人暮らしの方が多いので
ここでお話しするのが楽しみの様子です。

オープン祝いの様子です。近隣の町会や行政関係の方に参加していた
地域への呼びかけをお願いし、優しい街づくりを皆んなで作ることを
約束しました。


「20周年を祝う会」を行う

 平成25年4月20日(土)いつも活動している大田区立萩中文化センターの体育室に150名近くのお客様を迎えて、とても盛大に行うことが出来ました。区長はじめいつもご協力いただいている関係者の皆様と利用者さんたち、そして何よりも
この20年間 努力を惜しまずボランティアで活動している会員たちです。



1年間の実行委員会での成果が、

あちこちに表れていまた。

お料理はもちろんすべててづくり

・・・当然ですよね。会場も、

会食会のたびに利用者さんに開いていただいた花で

いっぱいでした。会員の胸には、

ピンクのバラの花のブローチで、

お客様の接待にあたりました。

そしてなによりも素晴らしいのが「記念誌」です。
題字は写真の利用会員 六車さん(88歳)です。


     

楽しい会食会
クリスマス会を兼ねて、萩中・羽田の会食会とも、食事の後 プレゼントの交換会をしました.
副代表手づくりのくじを引き、番号順に気に入ったのを取る方法ですが、皆さん大喜びで楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
萩中では、めずらしいのこぎり演奏で楽しみ、
羽田では、マジックとフラダンスの披露がありました。


9月25日(土)と26日(日)の両日、
こぶしの会の調理場である萩中文化センターの「ふれあいまつり」がありました。
ポスターの展示で活動紹介をし、参加者の
皆さまから反響がありました。
1)ボランティアに参加したい・・・
2)利用するにはどうしたらよいか・・・

又、会員手作りの「いなりずし」を模擬店で販売し好評でした。


「グループはねだ」会食会の報告

9月16日(木)に男性手作りの料理でもてなす、
会食会がありました。
この会食会は、こぶしの会でもちょっと自慢です。
男性料理教室からの誕生です。
少し余分に作って、近くのお年寄りの方たちに
喜んでいただきたいと始めたのです。
初めは「勉強するつもりなので、人さまに食べていただくなどおこがましい」と言っていた男性陣も参加する高齢者の喜びのお顔にふれて、これも
地域のふれあい活動になっているのでは・・・・
と喜んでいます。

この会食会は、理事の女性陣が応援しています。